古民藝 古伊万里 染付 唐草文のくらわんか
5ffbdba3df51591cb60f1827 5ffbdba3df51591cb60f1827 5ffbdba3df51591cb60f1827 5ffbdba3df51591cb60f1827 5ffbdba3df51591cb60f1827 5ffbdba3df51591cb60f1827 5ffbdba3df51591cb60f1827 5ffbdba3df51591cb60f1827

古民藝 古伊万里 染付 唐草文のくらわんか

¥0 税込

送料についてはこちら

有田で江戸時代中期から 後期にかけて焼成された古伊万里。 「くらわんか」はその中でも一般的で 昔は使い捨てでした。 名前の由来は文化文政の頃に 大阪淀川に船を浮かべた一膳めし屋が この茶碗に雑炊を盛り、行き来する旅人に向かって 「くらわんか、くらわんか」と 呼びかけしたことに由来してます。 この染付の皿はその18世紀頃につくられたものです。 胎土も分厚くて手取りがずしりと重い皿に、 素朴な唐草模様を1つ1つ手で描かれてます。 (画像をクリックすると写真が大きくなります) 参考サイズ:直径13cm × 高さ3cm 入荷時の在庫:1点 ※古いものです。傷、汚れなどもございます。ひとつひとつのサイズ、形、色が若干異なることがございます。器ごとの違いは特性としてご了承くださいますようお願いいたします。