antiques 明治 印判 花文 5.5寸皿
5e9518c651576237d9b9e8bd 5e9518c651576237d9b9e8bd 5e9518c651576237d9b9e8bd 5e9518c651576237d9b9e8bd 5e9518c651576237d9b9e8bd 5e9518c651576237d9b9e8bd 5e9518c651576237d9b9e8bd

antiques 明治 印判 花文 5.5寸皿

残り2点

¥1,100 税込

送料についてはこちら

明治から大正の間につくられた印判皿です。幾何学的な花文でどことなく北欧の雰囲気もあります。現代の器とも相性が良いです。小さめの食パンなどを盛るのに丁度良いサイズです。大人数での御食事の際などのために揃えておくのも良いなと思います。何かありましたらお気軽にお問い合わせください。 (画像をクリックすると写真が大きくなります) 参考サイズ:直径16.8cm × 高さ2.8cm 在庫:4枚 ※古いものです。傷、汚れなどもございます。ひとつひとつのサイズ、形、色が若干異なることがございます。器ごとの違いは特性としてご了承くださいますようお願いいたします。 [印判] 印判とは明治以降に行われる様になった、絵柄を転写する絵付けの方法を言います。古くはこんにゃくや芋などを使用して、模様陶器に写していました。この技術が生まれる以前の陶磁器は、染付(手描き)での絵付けが主流だった為、当時の陶器はとても高価で、庶民は木や竹の器などを主に使用してました。