antiques 明治 伊万里 冨長貴春 小皿
5e05a4b40cc8de2f1ea69df2 5e05a4b40cc8de2f1ea69df2 5e05a4b40cc8de2f1ea69df2 5e05a4b40cc8de2f1ea69df2 5e05a4b40cc8de2f1ea69df2 5e05a4b40cc8de2f1ea69df2

antiques 明治 伊万里 冨長貴春 小皿

残り2点

¥550 税込

送料についてはこちら

明治の頃につくられた伊万里の小皿です。とても細やかで華やかな絵付が施されています。お漬物や大根なます、白和えにたまにはポテトサラダなど。和え物などのちょっとした副菜の盛り付けに、また少し大きめのお醤油皿としても活躍します。裏には冨長貴春銘入で幕末から明治にかけて作られたものです。何かありましたらお気軽にお問い合わせください。 (画像をクリックすると写真が大きくなります) 参考サイズ:直径12.5cm × 高さ2.8cm 在庫:3枚 ※古いものです。傷、汚れなどもございます。 ひとつひとつのサイズ、形、色が若干異なることがございますが、品物の状態などは此方の推測での考えで書いています。 言葉違いや品物の間違えもあるかもしれませんので良くお考えの上、お求めいただけたらと思います。 [伊万里焼] 伊万里焼(いまりやき)は、有田(佐賀県有田町)を中心とする肥前国(現代の佐賀県および長崎県)で生産された磁器の総称です。製品の主な積み出し港が伊万里であったことから、消費地では「伊万里焼」と呼ばれました。