antiques 印判 なます皿
5d1417042f8f162d782381c3 5d1417042f8f162d782381c3 5d1417042f8f162d782381c3 5d1417042f8f162d782381c3 5d1417042f8f162d782381c3 5d1417042f8f162d782381c3 5d1417042f8f162d782381c3

antiques 印判 なます皿

残り2点

¥486

¥389 税込

20%OFF

送料についてはこちら

印判のなます皿です。昭和の初め頃につくられたものだと思われます。カラフルな絵付けがとてもポップで可愛らしい一品になっています。コーディーネートに華やかさを是非どうぞ。 (画像をクリックすると写真が大きくなります) ※写真の6枚目と7枚目はコーディネート参照です。antiques 染付 猪口、takuroh shirafujiの日並椀(栗)と日並ボウル(栗)を使用してます。そのほかは私物です。 参考サイズ:直径14.5m × 高さ4.2cm ※古いものです。傷、汚れなどもございます。ひとつひとつのサイズ、形、色が若干異なることがございますが、ご理解頂いた上でのご購入をお願いいたします。 [印判] 印判とは明治以降に行われる様になった、絵柄を転写する絵付けの方法を言います。古くはこんにゃくや芋などを使用して、模様陶器に写していました。この技術が生まれる以前の陶磁器は、染付(手描き)での絵付けが主流だった為、当時の陶器はとても高価で、庶民は木や竹の器などを主に使用してました。