antiques 染付 なます皿
new
5d12c1f81fdaf5028c466ef7 5d12c1f81fdaf5028c466ef7 5d12c1f81fdaf5028c466ef7 5d12c1f81fdaf5028c466ef7 5d12c1f81fdaf5028c466ef7 5d12c1f81fdaf5028c466ef7 5d12c1f81fdaf5028c466ef7

antiques 染付 なます皿

¥648 税込

送料についてはこちら

染付のなます皿です。明治から大正時代ごろにつくられたものになります。お惣菜の盛り付けなどに、とても使いやすいお皿です。食卓に涼やかさをぜひどうぞ。 ※写真の6枚目と7枚目はコーディネート参照です。antiques 絵付 小皿、古道具 中国で発掘された皿、takuroh shirafujiの日並椀(栗)と日並ボウル(栗)を使用してます。そのほかは私物です。 (画像をクリックすると写真が大きくなります) 参考サイズ:直径15cm × 高さ4.3cm ※古いものです。傷、汚れなどもございます。ひとつひとつのサイズ、形、色が若干異なることがございますが、ご理解頂いた上でのご購入をお願いいたします。 [染付/青花] 染付とは、白色の胎土で成形した素地の上に酸化コバルトを主とした絵の具で模様を絵付し、その上に透明釉をかけて高温焼成した陶磁器。おもに磁器で、模様は藍青色に発色する。中国語で「青花」、または「釉里青」と呼ぶ。英語では"blue and white"。