antiques 坂田泥華 萩茶器
5c779aff808dfa43a798c3ce 5c779aff808dfa43a798c3ce 5c779aff808dfa43a798c3ce 5c779aff808dfa43a798c3ce 5c779aff808dfa43a798c3ce 5c779aff808dfa43a798c3ce 5c779aff808dfa43a798c3ce 5c779aff808dfa43a798c3ce 5c779aff808dfa43a798c3ce

antiques 坂田泥華 萩茶器

残り1点

¥5,400 税込

送料についてはこちら

坂田泥華の萩茶器です。ほぼ新品状態です。茶器セットとして使用するのはもちろん、御食事の際に薬味などを盛りつけたりするのにも良いかなと思います。こちらは特典として古書で入手した坂田泥華監修の『萩』の本もお付けします。 (画像をクリックすると写真が大きくなります) 参考サイズ:急須 直径8.7cm × 高さ5cm(本体のみ)       湯さまし 直径9cm × 高さ4cm(本体のみ) 湯呑み 直径8.7cm × 高さ5cm(本体のみ) ※古いものです。傷、汚れなどもございます。ひとつひとつのサイズ、形、色が若干異なることがございますが、ご理解頂いた上でのご購入をお願いいたします。 [坂田泥華] 坂田家は萩焼の始祖である李勺光の流れをくむ家柄で、深川萩四家の一つ。(深川萩四家とは現在、坂田泥華窯の他、坂倉新兵衛窯、田原陶兵衛窯、新庄助右衛門窯の四窯元がある)1950年に萩焼深川窯の当主13代泥華を名のる(窯は長門市深川にある)。戦後の昭和萩陶芸史を語る上で、萩焼を担う中心人物の一人で特に井戸茶碗に研鑽を積み、「泥華井戸」と称されるおおらかで伸びのある独自の優雅な作風を確立。井戸茶碗の魅力を十分に熟知し温かみのある釉を施した茶碗などには、泥華特有の轆轤造形がある。他には焼成時に釉薬を剥ぎ取る事により御本風の柔らかい斑文を表現した剥離釉等、新技法にも取り組んだ。なお1950年に13代泥華を襲名しているが、2004年に長男の坂田慶造が早世したため、彼に15代坂田泥華を追贈し、14代坂田泥珠と号す。号を天耳庵、隠居後の名を泥珠と号す。