antiques 発掘された豆鉢
5c24575227b44e3efd97bf90 5c24575227b44e3efd97bf90 5c24575227b44e3efd97bf90 5c24575227b44e3efd97bf90 5c24575227b44e3efd97bf90 5c24575227b44e3efd97bf90 5c24575227b44e3efd97bf90 5c24575227b44e3efd97bf90

antiques 発掘された豆鉢

残り1点

¥2,808 税込

送料についてはこちら

大陸のほうで発掘された豆鉢です。釉薬や土の風合いから視て、中国でつくられたものだと思われます。醤油や塩などを盛ったり、薬味入れに丁度良いのですが、とても雰囲気があるので、小さめの盃としても楽しめる器だと思います。 ※写真の7枚目と8枚目はコーディネート参照です。鶴野啓司さんの鉄釉 片口を使用してます。後は私物となります。 (画像をクリックすると写真が大きくなります) 参考サイズ(小さい方):直径6cm × 高さ2.2cm ※※古いものです。傷、汚れなどもございます。ひとつひとつのサイズ、形、色が若干異なることがございますが、ご理解頂いた上でのご購入をお願いいたします。 [中国陶磁] 中国の陶磁器では、新石器時代から清時代に至る中国の陶磁工芸の流れと技法を概観する。中国陶磁の歴史は新石器時代の紅陶や彩文土器から始まり、さまざまな技術革新を重ね、三彩、白磁、青磁、青花、五彩などの華麗な器を作り出し、世界の陶磁界をリードしてきた。英語のチャイナ(China)という単語は、普通名詞としては「磁器」を意味するが、このことに象徴されるように、中国は世界に先駆けてガラス質の白いやきものである磁器を生み出した。中国磁器は中国の宮廷で用いられたのみならず、主要な貿易品の一つとして、アジア諸国、イスラム圏、ヨーロッパなどにも大量に輸出された。こうした中国磁器は、日本では茶の湯の道具に取り入れられ、イスラム圏やヨーロッパでは王侯貴族のコレクションに収まるなど、世界の陶磁器の発展に多大な影響を及ぼしてきました。