小野哲平 薪窯 そば猪口(小)four
5b5fa076a6e6ee1d8a001af5 5b5fa076a6e6ee1d8a001af5 5b5fa076a6e6ee1d8a001af5 5b5fa076a6e6ee1d8a001af5 5b5fa076a6e6ee1d8a001af5

小野哲平 薪窯 そば猪口(小)four

残り1点

¥5,400 税込

送料についてはこちら

薪窯で焼成された哲平さんのそば猪口は女性でも片手で持ちやすく、口当たりのとても良い器です。お茶だけでなくちょっとしたおかずを盛ったり、またはお酒を飲むのにも。力強く豊かな表情を見せてくれる哲平さんの器です。(画像をクリックすると写真が大きくなります) 参考サイズ:直径8.3cm × 高さ6.5cm ※ひとつひとつのサイズ、形、色が若干異なることがございますが、作り手および店の検品をクリアしたものをお出ししています。器ごとの違いは特性としてご了承くださいますようお願いいたします。 [小野哲平] 1958 愛媛県生まれ 1978 備前にて弟子になる 1980 沖縄・知花にて弟子になる 1982 常滑の鯉江良二さんの弟子になる 1984 アジアの弟子となり、タイ・ラオス・インド・ネパール・インドネシア・マレーシアを子連れで行ったり来たりの旅人 1985 常滑の小さな山の中にて窯と仕事場をつくる 1987 タイ・バンコクのシラパコーン美術大学にて制作+展覧会。インド放浪をして8ヶ月を過ごす 1991 マレーシア・マラ工業大学にて制作+展覧会 1997 タイ・ナコーンラチャシマ県のダァンクェーン村の亀の窯にて制作 1998 高知の山のてっぺんのライステラス(棚田)の真ん中に移住。谷相の弟子となる 2001 3年がかりで薪窯をつくり、薪窯の弟子となる 2010 村上隆 カイカイキキギャラリー個展 2010 カチカエル 永積崇とバリカタツアー インドベナレスへ 2011 Hidari Zingaro Taipeiにて4人展 2012 アフリカ・マダガスカルにバオバブの木を見に行く 2013 G−tokyo,2013 東京ミッドタウンホール出展 2013 ハナレグミとろくろドロック熊本企画 2014 京都にてダライ・ラマの講演「宗教家と芸術家の視点から」に参加する 2015 作品集「TEPPEI ONO」を出版 2015 沖縄県立芸術大学陶芸科にてワークショップを行う