古道具 大陸から渡ってきた茶碗
5aba3f9e122a7d1347001373 5aba3f9e122a7d1347001373 5aba3f9e122a7d1347001373 5aba3f9e122a7d1347001373 5aba3f9e122a7d1347001373 5aba3f9e122a7d1347001373 5aba3f9e122a7d1347001373

古道具 大陸から渡ってきた茶碗

残り1点

¥5,400 税込

送料についてはこちら

大陸から渡ってきた茶碗です。蛇の目が見込みにあり、薪窯でつくられたものと思われます。煮物やお粥、フルーツなどのデザート盛ったりするのにも使いやすいうつわです。 (画像をクリックすると写真が大きくなります) 参考サイズ:直径13.9cm × 高さ4.7cm ※古いものです。傷、汚れなどもございます。ひとつひとつのサイズ、形、色が若干異なることがございますが、ご理解頂いた上でのご購入をお願いいたします。 [蛇の目積み] 皿や鉢の内側を蛇の目状に釉剥ぎし、上に重ねる皿や鉢の高台が釉剥ぎした部分に乗るようにして焼成する方法。肥前の陶磁器においては、17世紀初頭からこの技法が見られる。磁器の蛇の目剥ぎは、砂目積みの技法と同じ時代に出現するが、砂目積みの技法が初期のみに行われるのに対し、蛇の目積みは江戸期を通じて続く。唐津焼の場合は銅緑釉や鉄釉の皿によく見られる。